コラム一覧(1)|コンサル案件.COM

コンサル案件.COMではフリーコンサルタント、独立会社所属のコンサルタントに
PMO、ERP、SAP、BPR、戦略系等の高額案件を紹介します

  1. コンサル案件.COM
  2. コラム一覧

コラム一覧

21年以降の経済を予想

【2020.04.11】
21年以降の経済を予想

2020年突然降って沸いたように世界的な感染をもたらした新型ウイルスは今のところまだ収束に至る状況にはなっておらず、経済への最終的な影響がどれだけのものになるのかは今のところ明確に示すことができる状況にはなっていません。
ただ、当初多くの経済アナリストが予測したものと足元の各国のかかえる危機的状況にかなり乖離があることも事実で、まず新型ウイルスがどこで収束するのかに加え国別に経済状況を精査しないかぎり残念ながら先行きを正確に予測することができなくなっているのが実情です …[続きを読む]

2020年に読むべきおすすめの本

【2020.04.11】
2020年に読むべきおすすめの本

はからずも2020年は新型コロナの感染からとてつもない時代にいきなり突入した感があります。多くのインフォメーションワーカーと呼ばれる人たちはいきなりテレワーキングの世界に投入されることになってしまい、逆に自分のために使える時間が増えつつある状況です。こんな時にこそポストコロナの時代に向けて知見を積み上げることに時間を使うことがお勧めになります。
そんな方々に今の時代だからこそこのタイミングに読まれると役にたつ4冊の本をご紹介いたします。 …[続きを読む]

オリンピック延期のよる影響は?

【2020.04.10】
オリンピック延期のよる影響は?

新型コロナウイルスは当初中国全土に広がりを見えたものの2003年のSARSのように地域限定型のウイルス拡散ではないかと思われていました。こうしたことも手伝ってか7月24日に開催予定だった東京オリンピックの延期問題はかなり遅れたタイミングで決定した感がありますが、このウイルスの感染が本当に収束するのかどうか良く判らないまま、とにかく1年延期して開催することが決定しています。
この東京オリンピックが1年延期された場合どこまで影響がでるのかが気になるところですが …[続きを読む]

RPAは今後、拡がっていくか

【2020.04.10】
RPAは今後、拡がっていくか

2016年ごろから急激に導入が進んだRPA・ロボティックプロセスオートメーションですが、ここへ来てその導入率はさらに上昇する勢いであり、米国に比べても本邦での利用が確実に進んでいることが判る状況になりつつあります。
この手のサービスの普及はとかく欧米から大きく遅れて、周回遅れのような導入になることが多いのが本邦市場の特徴でもあったわけですが、どうやらRPAは多くの企業の賛同を他機関に得られているようで、その普及は想定以上に早くなっているというかなり喜ばしい状況のようです。 …[続きを読む]

自動車業界はどう変わっていくか

【2020.04.10】
自動車業界はどう変わっていくか

自動車産業は輸出立国として世界的地位を誇ってきたわが国にとっては極めて重要な産業となってきたわけですが、世界的な需要動向の変化に加え、CASEと呼ばれるような自動車自体の大きな変化が市場に到来しようとしており自動車業界も大きな変化が訪れようとしています。この先10年の自動車業界を語るのと2050年といった先行きの業界の姿を語るのではだいぶその内容も変化する時期にあるというが正直なところではないでしょうか。 …[続きを読む]

コロナウイルスにより2020年の世界経済はどうなるか

【2020.04.10】
コロナウイルスにより2020年の世界経済はどうなるか

2020年は米国大統領選挙年ということもあり年初から米株は上昇を継続し、比較的景気も安定して推移するものだとばかり思っておりましたが1月に中国全土で発生した新型ウイルスによる肺炎の感染は想定をはるかに超える世界的なパンデミックへと発展してしまい、感染対策に高をくくっていた米国、英国、日本はきわめてクリティカルな状況に陥りつつあります。 …[続きを読む]

PMOに必要な資格とは

【2019.11.21】
PMOに必要な資格とは

PMOとは言わずと知れたプロジェクトマネジメント業務を支援する組織のことですが国内ではPMOの仕事をする上での必須資格というものは設けられていません。
しかしながら米国ではPMIという組織が認定するプロジェクトマネジメントの国際資格があり、これを取得していると外資系のコンサルティングファームのみならずクライアント企業においても一定の評価と信頼が得られるものとなっています。 …[続きを読む]

コンサルタントの転職事情

【2019.11.01】
コンサルタントの転職事情

国内における転職市場は既に少子高齢化の影響が確実に顕在化しており、慢性的な人手不足の影響もあってかコンサルタントの転職に対する需要は引き続き旺盛な状況になっています。
ただし専門職ということもあり、どのような知見や実績を持っている人物かによって市場の引き合いは微妙に異なるものとなっているのが実情となっており、驚くほどの引き合いがあるような転職者も多くなっているようで、少し前と比べてもその状況は変化していることがわかります …[続きを読む]

フリーコンサルタントにはどうすればなれるのか

【2019.10.17】
フリーコンサルタントにはどうすればなれるのか

フリーコンサルタントになるには一体どうすればいいのか。コンサルタントを名乗るだけなら極端な話誰でもいつでも始めることができます。
しかし市場で認められ業務依頼が来るためにはしっかりとした知見や経歴を得て、コンサルタントとしてのブランドが確立している必要があるのです。 …[続きを読む]

ITコンサルタントってどんな仕事?

【2019.09.10】
ITコンサルタントってどんな仕事?

ITコンサルタントという言葉は実によく聞くものですが、実際にはどんな仕事をするのでしょうか。今回はこのITコンサルタントにフォーカスして仕事の中身をご紹介することにいたします。

■企業のIT戦略を提案・構築する重要な役柄
近年、企業では事業をスタート、継続、拡大するためにいかなるIT戦略をとっていくかが非常に重要な課題となっており、業態によっては適切なIT戦略を確立し、構築することが経営戦略の根幹をなすようになってきているのです。そういう意味では …[続きを読む]

AIにより職業、ビジネスはどう変化する?

【2019.08.20】
AIにより職業、ビジネスはどう変化する?

AIは想像以上に早いスピードで社会に導入されはじめており、それに職を奪われる人たちが大量に出現することになるのではないかという危機感がかなり高まりを見せています。もちろん導入をはかる側は人が使いこなせばいいだけの話でAIは人の仕事を奪わないと相当なアピールをして多くの労働者の不安を取り除く作業をしていますが、徐々にその先行きが見えてきているように思われます …[続きを読む]

プロジェクトにおけるPMOの役割とは

【令和元年にコンサルにおすすめの本】
プロジェクトにおけるPMOの役割とは

新元号・令和がスタートし国内では新たな時代への期待も高まっているようですが、冷静に世間を見渡してみますと史上最大の10連休は謳歌できたものの、株式市場には特段ご祝儀相場は訪れず、むしろ世界的にはより大きな枠組みでのパラダイムシフトが進もうとしていることがわかります。そんなこの時期にコンサルタントが読んでおくとためになるいつくつかの本についてご紹介しておくことにいたします …[続きを読む]

プロジェクトにおけるPMOの役割とは

【2019.04.15】
プロジェクトにおけるPMOの役割とは

PMOとはプロジェクトマネジメントオフィスの略で10年以上前は外資系企業にだけ設置された社内組織となっていたことが多かったのですが、近年では本邦企業でもPMOという組織を社内に設置しすることも多くなっています。

誰しもが想定できる一般的なPMOの役割としては …[続きを読む]

コンサルタントとして独立したら年収は増えるか

【2019.03.10】
コンサルタントとして独立したら年収は増えるか

コンサルタントとして独立したら勤め人の時よりも年収が増えるかどうかは誰しも気になることです。今回はこの件についてまとめてみることにします。

■名乗るだけなら誰でもなれるコンサル
世の中には実に様々なコンサルを名乗る商売が存在しています。しかし国内におけるフィービジネス(レーバーベイストフィーを含む)市場は米国などに比べるとかなり小さく、コンサルの市場として確立しているのは戦略ビジネスと …[続きを読む]

フリーコンサルが優先して取り組むべきこと

【2019.01.07】
フリーコンサルが優先して取り組むべきこと

フリーコンサルでも特定領域に精通し、しかも業界内で業務提供の需給がひっ迫し続けるような部分で大きな能力を発揮する人は、かなり長期に渡って安定的な仕事と収入を得ることができる存在といえます。
フリーコンサルとしても十分にやっていくことができる存在であることは間違いありません。
しかし過去30年あまりのITの世界とここから先のITや業務革新の世界は全く様相が異なろうとしており …[続きを読む]

ポストコンサルについて

【2019.01.04】
ポストコンサルについて

コンサルティングファーム出身者のことを一般的にポストコンサルと呼びます。欧米ではコンサル出身者に対する評価は非常に高く、コンサル経験のない人の転職と比べるとかなり優遇されている状況にあります。
日本でもコンサルを業務に利用した大手企業の場合は評価が高いものですが中堅以下ですとそもそもコンサルのお世話になったことがなくフィーを支払って人に働いてもらうというビジネスにも慣れないことかrどう評価していいかわからず受け入れにも …[続きを読む]

コンサルに向く人、向かない人

【2018.12.28】
コンサルに向く人、向かない人

コンサルに向く人向かない人というのはなかなか見分けるのが難しいものがありますが、新卒で働き始めてみると結構向かない人というのが顕在化してきて結局去っていくケースが多いこともまた事実です。
まず向く人のほうから考えますと論理的に物事を考えられることはどんな性格と知見の持ち主でももっとも重要です。また論理的な思考の持ち主でもただ理屈っぽくて独善的・排他的ではコンサルとしてのビジネスにはなりません …[続きを読む]

2019年にむけてコンサルが読むべき書籍について

【2018.12.26】
2019年にむけてコンサルが読むべき書籍について

いよいよ2018年のあと少しで2019年がスタートしようとしていますが、社会はここへきて大きな変革の曲がり角にさしかかっており、これまでの人の価値観では判断できない新たなバリュービジネスが次々と誕生しようとしています。
現在のところまだ黎明期ではありますが、既に実験のフェーズを終えて実装の段階に入ったこうした新しい考え方や消費の発想を提供する書籍をしっかりと呼んで知見の養分にすることがお勧めとなります。今回ご紹介するのはそんな4冊です …[続きを読む]

質の高いプレゼン資料を作成するには?

【2018.12.20】
質の高いプレゼン資料を作成するには?

質の高いプレゼン資料を作るには巷では様々なノウハウが語られています。その一方で成果物に高いフィーを請求するのが常のコンサル業界では、一定のフォーマットというものを重視し、データとして共有するとともに他のプレゼンやクライアントへの書類に転用することも考えるというかなり都合のいい使い方をしていることを目の当たりにしますと相当びっくりさせられるものがあります。 つまり作成物はすべて共有データとして縦横無尽に利用するものがあり、企画書にしても成果物の報告書、 …[続きを読む]

フリーランス協会について

【2018.12.13】
フリーランス協会について

国内にフリーランス協会と呼ばれる組織が存在するのをご存知でしょうか?
正式名は一般社団法人 プロフェッショナル&パラレルキャリア ・ フリーランス協会というものですが、通称フリーランス協会と呼ばれているのです。この協会は2017年1月26日に設立されたもので国内市場におけるフリーランスの増加から今後フリーランサーが発展するために発足された協会となっているのです。 …[続きを読む]

職種から探す

コラム